農学部の取り組み

農学部の「研究力」を産業界へ。
研究成果を活かし、新しい未来をつくる。

実社会と結びついた数々の独創的な研究を展開している近畿大学農学部。
「近大マグロ」や「近大マンゴー(愛紅)」をはじめ、商品として世の中に流通している研究成果も少なくありません。
ここでは、企業と連携し、商品化をめざして現在取り組まれている研究をいくつか紹介します。

時代の一歩先を行く産学連携プロジェクト 光合成を強化した“ハイパーユーグレナ”を研究開発!未来のエネルギーが変わる。

遺伝子組換え技術によってユーグレナ(ミドリムシ)の特徴を強化。


長年、ユーグレナに着目してきた同研究の先駆者である植物分子生理学研究室の重岡成教授(左)と、田茂井政宏准教授(右)

ユーグレナは鞭毛運動をする動物的性質を持ちながら、葉緑体を持ち光合成を行う植物的性質をもつ生物。その生態は実に特異なもので、「植物なのに細胞壁を持たない」「高い貯蔵物質生産性能」「pH3.0の高い酸性環境下、40%の高濃度CO2でも培養が可能」「高栄養価、高アミノ酸、高ビタミン含有」などさまざまな優位性を持っています。これらの特徴を生かし近年では健康食品や医薬品への活用が注目されていますが、光合成によって「パラミロン」という糖を蓄積するユーグレナを嫌気条件下に置くことで生産されるワックス(油)はジェット燃料に転用できる素材としても期待されています。
近大ではユーグレナの研究開発・生産事業を展開する株式会社ユーグレナと連携し、ユーグレナの能力そのものを高め、高効率な個体を生み出しビジネスに応用する取り組みが進められています。バイオサイエンス学科植物分子生理学研究室の重岡成教授、田茂井政宏准教授らが中心となったこのプロジェクトでは、植物の光合成能力を高めるための遺伝子操作をユーグレナに応用し、ユーグレナの成長を高めることでより高い貯蔵性能を生み出す研究開発が行われています。本プロジェクトによりワックスを高生産するユーグレナ株の作出に成功すれば、環境に良いジェット燃料を市場へ送り出すことができます。

ユーグレナ野生株
光合成能強化ユーグレナ
学生も同プロジェクトに参加でき、バイオサイエンスの最先端に触れられる環境。

アフリカでの農業協力

気候変動にともなう洪水や干ばつに対応する農法の考案

アフリカ南部には、洪水や干ばつで食糧不足に陥る地域が多く存在します。砂漠国のナミビア(写真1)でも、雨期に出現する季節湿地の不安定な水環境が問題になっており、食糧確保のため現地農業を再構築する必要がありました。そこで、ナミビア大学や、JICA(国際協力機構)、JST(科学技術振興機構)などと協力して、洪水と干ばつに対応する農法の考案に挑んでいます。まず、季節湿地を利用したコメづくりを導入し(写真2)、現地主食の干ばつ耐性穀物との水環境対応型混作技術(図1)を開発しました。さらに、「接触混植」という新しい概念を提案し、作物の融合技術の開発を現地の人々とともに進めています(写真3)。ナミビアでの広報活動により、現地の小規模零細農家が創意工夫をした接触混植技術(写真4)が少しずつ広まりつつあります。これらの活動を通じて、半乾燥地の水資源を保全しながら、そこに暮らす人々の生活を豊かにする農法の普及をめざしています。

写真2:コメの豊作を喜ぶ人々
写真3:ナミビア国実験圃場にて留学生らとともに光合成速度を測定
写真4:パールミレット(a)とソルガム(b)の接触混植

食品栄養学科×医学部奈良病院の連携事業
「食事満足度向上プログラム」

農学部あるいは地元産農産物を病院食に取り入れることで、
入院患者の食事満足度向上に貢献する

近大みかんを用いた手作りデザートの提供(学生作)

食品栄養学科では医学部奈良病院と連携し、病院食の質の向上を目的として、奈良病院に入院中の患者さんを対象に、平成28年4月から「食事満足度向上プログラム」を実施しています。これまで献立の刷新をはじめ、本学および附属農場あるいは地元で収穫された各種農産物を病院食に取り入れるとともに、食材や献立に関する情報を学生考案のイラスト付きメッセージカードで紹介するなど、食事環境の満足度を向上させる取り組みを行ってきました。また小児病棟に入院中の患者さんを対象に、「夏祭り」や「ハロウィン」、「クリスマス」などのイベントを開催することで、少しでも入院生活のストレス解消に貢献し、病棟に笑顔を生み出すことをめざして日々活動を行っています。食品栄養学科では、近畿大学のポリシーである「実学教育」に基づき、これらの活動を通じて管理栄養士にとって最も大切な「生きるための基本である食事の大切さを伝える」ことを現場で学んでもらいたいと考えています。

病棟内デイルーム掲載献立表のリニューアル(学生作)
手作りデザート提供時に配布したメッセージカード(お子さん向け)
クリスマス会の様子

2008年度グローバルCOEプログラム採択

近畿大学水産研究所と農学研究科水産学専攻の合同プロジェクトチームである『クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点』は,2008年度文部科学省「グローバルCOEプログラム」に採択されました。
この『グローバルCOEプログラム』は,文部科学省が世界最高水準の実績を持つ教育・研究拠点を重点的に支援し,国際競争力のある大学づくりをバックアップすることを目的とした制度です。

2008年度までの取組み

現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)
~里山の修復活動を通じた環境理解教育の実践~

キャンパス内の里山で生態系の修復・保全に取り組む

農学部で取り組んでいる「里山の修復活動を通じた環境理解教育の実践」が、2006年度文部科学省「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」に選定されました。キャンパス内にある里山を素材に、多様な生き物がよりよく生息できる自然と生態系の修復・保全活動を実践します。この活動を通じて環境理解教育を推進するという、類例のないスタイルです。

21世紀COEプログラム クロマグロ等の魚類養殖産業支援型研究拠点

マグロの完全養殖を 量産化に進化させる研究

近畿大学水産研究所ならびに大学院農学研究科が申請した、「クロマグロ等の魚類養殖産業支援型研究拠点」が、2003年度の文部科学省「21世紀COEプログラム」に採択されました。現在、そのノウハウを生かして奄美大島でも養殖クロマグロ量産化に向けての挑戦を開始。日本人の愛するマグロの持続的な供給と、品質向上に向けて研究を続けています。

近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー