農学部生が地元ラーメン店とコラボ献血。ラーメン激戦区のユニーク企画で、献血者拡大

近畿大学農学部(奈良県奈良市)赤十字奉仕団と奈良県学生献血推進協議会に所属する学生有志が、平成28年(2016年)4月25日(月)、26日(火)近畿大学農学部キャンパスにて、減少傾向の学生献血への理解推進と献血者増加をめざし、ラーメン激戦区として注目される地元・富雄の人気店「麺屋空間」のラーメン1 杯無料券を献血者全員に配布する企画を実施しました。

【本件のポイント】
  • 若年層の献血者が全国的に減少する中で、学生献血者増加をめざす、地域協力型のコラボレーション企画
  • ラーメン激戦区として話題の富雄で、地域店舗と協力した企画実施で地域活性にも貢献
  • 人気ラーメン店の1杯無料券配布というきっかけ創出で、学生の献血への理解を深める
【本件の概要】

全国的に若年層の献血者減少が加速する中で、農学部学生に献血へ興味を持ってもらうきっかけ作りのため、近畿大学農学部赤十字奉仕団および奈良県学生献血推進協議会に所属する農学部学生が、地元の人気ラーメン店「麺屋空間」に協力を依頼し、献血に参加した学生全員にラーメン1杯無料券を配布する企画を実現しました。

日時
平成28年(2016年)4月25日(月)、4月26日(火)
両日とも10:00~13:00、14:00~16:30
場所
近畿大学農学部キャンパス
(奈良県奈良市中町3327-204、近鉄奈良線「富雄」駅からバス約10 分)
協賛
魚介系とんこつラーメン「麺屋空間」(奈良市富雄元町2-3-32-1 親木ビル2F)
【本件の背景】

10代から30代の献血者が全国的に不足し、10年前と比べ約30%減少している中、大学生の献血者も同様に減少が続いています。近畿大学農学部赤十字奉仕団では、20年にわたり積極的に献血活動を行ってきました。農学部構内に献血車を配置し、年4回実施している定例の学生献血では、団員が献血への呼びかけや、献血者へ渡す処遇品に工夫を凝らすなどにより、多い年では1000人以上の献血協力者がいましたが、平成27年(2015年)度は献血者が300人余りに留まり、過去最低水準となりました。
そこで、今まで献血をしたことが無い学生に興味を持ってもらうためのきっかけ作りとして、学生自ら農学部最寄り駅「富雄」の人気ラーメン店「麺屋空間」へ協力を依頼し、今回献血した学生全員にラーメン1 杯無料券を配布するという企画を実現しました。
現在、富雄駅周辺はラーメン激戦区として注目を集めており、人気ラーメン店と献血というユニークなコラボレーションにより、学生の献血に対する興味と理解を深め、献血者の増加を目指すとともに、大学周辺地域への興味を持ってもらうことで、今後の地域交流や連携も期待されます。

【近畿大学赤十字奉仕団について】

近畿大学農学部赤十字奉仕団は、近畿大学農学部公認のサークルです。昨年で20周年を迎え、日本赤十字社奈良支部から金色有功章を授与されました。過去の総採血者数は5000人を超える、県内でも最大級の学生ボランティア団体です。

近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー