応用生命化学科応用細胞生物学研究室の財満信宏准教授と久後裕菜さんらの論文が、Scientific Reportsの「おすすめコンテンツ」に取り上げられました。

 応用生命化学科応用細胞生物学研究室(森山達哉教授)の財満信宏准教授と同研究室の大学院生 久後裕菜さんらの論文「Adipocyte in vascular wall can induce the rupture of abdominal aortic aneurysm(血管壁の脂肪細胞が腹部大動脈瘤の破裂を誘導する)」(2016年8月に Nature Publishing Group の Scientific Reports に発表)が,「おすすめのコンテンツ」として取り上げられました。

「おすすめのコンテンツ」とは,日本からの研究成果を研究分野の方、研究分野外の方、学生の方などに幅広く紹介することを目的として,掲載された論文の中からアクセス数の高いものが選ばれ、取り上げられるものです。

研究の概要

腹部大動脈瘤は、腹部大動脈が進行的に拡張することを主病変とする疾患です。拡張した大動脈は瘤状となりますが、自覚症状がほとんど無いため、病院などで偶然発見されることが多くあります。破裂すると致命となるため、一定の大きさに達した大動脈瘤は手術が必要となります。
本研究により、これまで不明だった脂肪細胞と腹部大動脈瘤破裂の関係について、腹部大動脈の血管壁内に異常出現する脂肪細胞が破裂の大きな原因であることを発見しました。EPA高含有魚油の投与により、血管壁の脂肪細胞の出現や肥大化が抑制され、腹部大動脈瘤の破裂のリスクが低下することも明らかになりました。本研究は、腹部大動脈瘤の破裂に脂肪細胞が関与していることを実験的に示した初めての例です。
この研究成果は、腹部大動脈瘤の破裂を予防するための重要な標的細胞を発見したものでもあり、未だに開発されていない腹部大動脈瘤の破裂を予防する薬剤や機能性食品などの開発につながると期待されます。

研究者プロフィール

農学部応用生命化学科 応用細胞生物学研究室 准教授 財満信宏ざいまのぶひろ
研究テーマ食品による疾患の予防法の確立
専   門食品科学、脂質生物学、病態検査学、質量分析イメージング
生 年 月 日昭和53年(1978年)10月15日、38歳
平成14年(2002年)3月
 京都大学農学部卒業
平成19年(2007年)3月
 京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻博士後期課程修了 博士(農学)
平成19年(2007年)4月
 三菱化学生命科学研究所 特別研究員
平成20年(2008年)10月
浜松医科大学分子イメージング先端研究センター 特任助教
平成23年(2011年)4月
 近畿大学農学部応用生命化学科応用細胞生物学研究室 講師
平成27年(2015年)4月
 近畿大学農学部応用生命化学科応用細胞生物学研究室 准教授(現職)
大学院農学研究科 応用生命化学専攻 博士後期課程 1年 久後裕菜くごひろな
研究テーマ腹部大動脈瘤の破裂機構の解明と予防法の確立
生 年 月 日平成3年(1991年)6月3日、25歳
平成26年(2014年)3月 
 近畿大学農学部応用生命化学科卒業
平成28年(2016年)3月 
 近畿大学大学院農学研究科応用生命化学専攻博士前期課程修了
平成28年(2016年)4月 
 近畿大学大学院農学研究科応用生命化学専攻博士後期課程(現在)

参考URL

近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー