学生自治会が企画した熊本復興支援イベントに「くまモン」が来校しました。

 農学部では14日、15日と学生自治会が企画した、熊本復興支援イベントとして「近大マグロ」と、農学部が技術協力して開発した「金賞健康米」の精米法を用いた熊本県産米「森のくまさん」を使用した「近大マグロ丼」を各日500食、合計1,000食を学生に1食300円で販売しました。用意された1000食は完売し、それでもなお足りないほどの人気でした。
 イベント二日目となる11月15日(火)には、熊本県営業部長「くまモン」が来校し、学生の復興支援の取り組みに感謝の意を表しました。来校したくまモンは大人気で、イベント会場の学生食堂を視察に訪れた際には多くの学生たちに囲まれていました。
 その後、熊本県の担当者によって行われた出前講義では、江口充農学部長補佐による挨拶の後、熊本県の産業・観光・復興状況について紹介がされました。復興状況の説明を聞く学生たちは真剣な表情をしつつも、進んでいく復興についての説明に安堵の表情が伺え、産業や特産品の解説では非常に興味深そうな表情を見せていました。
 講義の途中、くまモンが出番を待たずして乱入するハプニングを起こしましたが、学生たちを交えて講義のお手伝いをしてくれました。
 講義の終盤には学生たちはくまモンと一緒にくまモン体操を楽しみ、最後に記念として集合写真の撮影を行いました。

近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー