農業生産科学科Department of Agricultural Science

環境と健康に配慮した
21世紀型農業の確立をめざす、
農学分野の中心学科

農業生産科学科イメージ

学びClose Up! 農業や食に関する高い専門性を身につけ、卒業後は幅広い進路へ

4年間の学びを通して、バイオテクノ口ジーを駆使した安全・安心な食糧生産技術と流通に関する知識、生物多様性や環境保全に閲する知識、植物と人との関係を通した健康で心豊かな生活の在り方に関する知識を修得。それらを生かし、農業・食品から大学での研究職まで、卒業生は幅広い進路で活躍しています。

「アグリビジネスマイスター」認定制度を開設農業をトータルにプロデュース

時代の流れとともにアグリビジネス(農業関連産業)の形態も大きく変わってきました。作物を作って終わりではなく、「いかに売れるものを作っていくか、付加価値を高めていくか」への発想の転換が、農業にも求められてきています。
そのような社会のニーズにこたえる人材の育成を目的に、「アグリビジネスマイスター」認定制度を平成23年度に開設しました。生物現象の知識とともに、農産物の生産から加工、販売までをトータルに学習し、課程終了後にマイスターの称号が近畿大学農学部から与えられます。ビジネスモデルの構想能力やコーデイネート能力を磨くとともに、農業の6次産業化(農業などの1次産業が生産だけでなく、加工や流通・販売を手がけること)の先進事例を学ぶため、農業法人などでの実習も実施します。

※アグリビジネスマイスター取得のための必修科目であるアグリビジネス実習では、産学官連携によって、平成26年度には日本酒「平群」の商品化を、平成27年度にはジエラー卜「へぐりっこ」の商品化を行っています。
※同じく必修科目である農業実習では、伊賀の里壬ヲモク手づくりファーム(三重県伊賀市)、いろどり(徳島県上勝町)をはじめとして、全国の農業法人などで実習を行っています。
※実習科目等については、受講者数を制限する場合があります。

農産物の生産から加工、販売までをトータルに学びます。新たな商品開発に関わることもあります。

近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー