農業生産科学科Department of Agricultural Science

環境と健康に配慮した
21世紀型農業の確立をめざす、
農学分野の中心学科

農業生産科学科イメージ
農業生産科学科の求める学生像(アドミッション・ポリシー)

農業生産科学科では「環境と健康に配慮した食糧生産をめざし、教育・研究を行っています。
したがって、食糧問題、環境問題や生物のいやし効果に強い関心があり、勉学意欲に富む人を求めます。

充実した施設環境のもと、
3つの視点から21世紀型農業の確立をめざす

「食糧生産」「生物といやし」「アグリビジネス」の3つの視点からのグローバルな教育・研究を展開。
「食糧生産」では生物多様性と地球環境に配慮した食糧生産、「生物といやし」の視点からは花の栽培や香り成分のいやし効果の分析と応用、「アグリビジネス」では新しい農業の確立と起業家の育成をめざし、農産物の開発と生産から消費までをトータルに見据えた農業生産システムについて研究しています。
キャンパス内には実験圃場、きのこ培養施設、昆虫飼育施設などがあり、和歌山県には2カ所の附属農場を設けるなど施設面も充実。この恵まれた学習環境のもと、理論と実践の両面から教育・研究を進め、「環境と健康に配慮した21世紀型農業の確立」をめざします。

近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー