なわばり性スズメダイ類の間で種間比較を行なったところ、なわばりに侵入する藻食者の迅速な追い払いや除藻を伴う集約的な管理はクロソラスズメダイに特有で、それによって極めて特徴的な、狭いながらも藻類の単位面積あたり現存量の高い、タケイトグサ単相の藻園を維持していることがわかりました。一方他のなわばり性スズメダイ類は、除藻を伴わず、遅延した侵入者の排除を伴う粗放的な管理により、多種の藻類を含む広い藻園を維持していました。
比較