応用生命化学科Department of Applied Biological Chemistry

生物の特性を生かした
新しい資源を利用し、
人類が直面する課題の解決に挑む

応用生命化学科イメージ
応用生命化学科の教育理念

生物を化学的視点から理解し、豊かな未来を創造できる人材を育成します。

応用生命化学科の求める学生像(アドミッション・ポリシー)

生物の特性を生かした新しい資源を利用し、人類が直面する課題の解決に挑むことができる人を求めます。

生物を化学的視点から理解し、豊かな未来を創造できる人材を育成

応用生命化学は、人口の増加に伴うエネルギー危機や食糧危機、健康問題など、人類が地球規模で直面する諸問題を解決する鍵として注目を集める学問です。
本学科では、生物の特性を生かした、さまざまな研究を展開しています。生命、資源、食糧、環境の4つの柱のもと、機能性食品の開発、微生物代謝産物や未利用植物資源の活用、生活を豊かにする研究に取り組んでいます。また、最先端技術を駆使し、マツタケの人工栽培、農薬・医薬品などの、実社会に役立つモノづくりにも挑戦しています。実学志向の環境のもとで、生物を化学的視点から理解し、産業界で即戦力となる人材を育成します。

学科トピックス

近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー