環境管理学科Department of Environmental management

環境問題と真摯に向き合い、
自然と人間社会の共生をめざす

環境管理学科イメージ
  • 環境管理学科の求める学生像(アドミッションポリシー)

    自然環境と人間の関係をグローバルな視点で考え、保全活動に意欲のある学生を求めます。

奈良キャンパスの恵まれた自然環境のもと
さまざまな環境問題にアプローチ

環境管理学科では、陸域の絶滅危惧種の保全や多様な水生生物の調査、食品工場の環境衛生管理、環境の修復、緑化、途上国における環境の保全と利用などといった研究を展開。また、これらを具体化するための政策立案など、環境問題にさまざまな角度からアプローチし、世界を舞台に活躍できる環境マネジメント能力を持つ人材を養成します。
もともと里山だった奈良キャンパスは、雑木林が残り、希少動物が生息するなど、自然との共存共栄を肌で学べる全国でも珍しい環境です。この恵まれた自然環境の中、「確かな技術を持って社会と対話し、世界を舞台に活躍する」ことをモットーに、自然界と人間社会、ローカルとグローバルなど、幅広い視野を持つ人材を育成します。

近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511