大学院 農学研究科博士前期課程・博士後期課程

深い学識と高度な科学技術を持つ、目的指向型研究者を育成します。

人に密接する領域研究によって
豊かな生活・文化を創出する5つの専攻

 農学研究科では、農業、生命(生物)、環境、食糧、健康(医療)の各分野を生物学、化学、物理学、バイオテクノロジーを基盤に、生物の生態、生理、成長、生殖、分化、遺伝などの諸現象を個体、器官、細胞、分子(遺伝子)レベルで解明するための教育と研究を行っています。

農学研究科の特長

食糧・環境・健康と密接に関連した分野の教育・研究に重点を置いています。

農業生産科学専攻

農業生産科学専攻では、農業用生物資源の安定供給を目的とし、新規生産技術の研究開発に向けた教育をめざします。

水産学専攻

大規模な養殖研究施設を主要な研究フィールドとして、「生け簀から食卓まで」をカバーする実践的研究者・技術者を養成しています。

応用生命化学専攻

生命、資源、環境、食品をキーワードに、種々の生物を対象として、遺伝子・タンパク質や細胞レベルでその構造や機能を解析し、環境浄化、疾病予防、食品・医薬品・有用資源の開発へ利用する研究を行っています。

環境管理学専攻

生態学を共通基礎とし、その基盤の上に化学的、生物学的、物理学的、水文学的および政策学的な知識と手法で、広範囲にわたる研究を網羅しています。

バイオサイエンス専攻

動物・植物・微生物・バイオマテリアル分野から成り、先端的なバイオサイエンス教育・研究を実践します。

研究科長メッセージ

独創的な研究を通して、
自発的・実践的な研究者・技術者を養成します。

農学研究科は農業生産科学、水産学、応用生命化学、環境管理学、バイオサイエンスの5つの専攻を持ち、食糧生産、環境、健康の3つの柱に関わるユニークで独創的な基礎研究と応用研究を進めています。
この地球を取り巻く食、環境、健康の様々な問題に対して斬新な視点で、オンリーワン・ナンバーワンの問題解決型の研究を自発的・実践的に進めて行くことができる、そんな研究者・技術者の育成が我々の責務と考えています。

研究科長 森山 達哉 教授

農学研究科の教育理念

農学研究科は、人類の健全な生存のための衣食住と地球環境の確保および質的向上をめざして、農林水産資源の生産、開発、保全、有効利用および環境の修復と保全など「人類と自然の関係」を研究対象とする総合科学分野です。この目的のために、地球環境(空気、水、土)、生物(人類、動植物、微生物)、食糧、医療に関する深い学識と高度な科学技術と創造性を身に付けた、目的志向型研究者の養成を教育理念としています。

授与する学位

博士前期課程/修士(農学) 博士後期課程/博士(農学)

進路イメージ

博士前期課程、博士後期課程を通して卒業後の進路は多岐にわたり、一般企業、公務員、独立行政法人、大学・高校など、各分野の第一線で研究者、技術者、教育者として活躍しています。

研究テーマ例

農業生産科学専攻
  • 作物学
  • 育種工学
  • 園芸植物学
  • 植物感染制御工学
  • 昆虫生態制御学
  • 農業経営経済学
  • 植物・人間関係学
水産学専攻
  • 水産増殖学
  • 水産生物学
  • 漁業生産システム
  • 水族環境学
  • 水産利用学
  • 水産経済学

応用生命化学専攻
  • 応用微生物学
  • 食品微生物工学
  • 応用細胞生物学
  • 生物制御化学
  • 生物環境学
  • 森林生物化学
  • 食品機能学
環境管理学専攻
  • 水圏生態学
  • 生態系管理学
  • 環境化学
  • 自然資源管理学
  • 環境政策学
バイオサイエンス専攻
  • 植物分子生理学
  • 植物分子遺伝学
  • 動物発生工学
  • 動物分子遺伝学
  • 生命情報工学
  • 分子生物学
  • タンパク質化学工学
  • 天然物有機化学

在学生からのメッセージ

「腸内細菌はどこからやってくるのか」
この疑問を明らかにしたい。

水産学専攻 博士前期課程 1年 西田 雄人さん

水産学専攻 博士前期課程 1年 西田 雄人さんマダイやトラフグのなど養殖魚類の腸内細菌叢をテーマに研究を行っています。近年、ヒトと同様に魚類においても腸内細菌が成長や免疫力を向上させるという報告があります。研究では種苗生産過程における養殖魚の腸内細菌叢と餌飼料および飼育水の細菌叢の関係を調べています。今後はさらに専門的な知見が得られる研究に励みます。そして研究結果を学会などで発表し、魚類養殖における腸内細菌の重要性を広げたいと思います。

まだ成されていないマツタケの人工栽培化をめざしています。

応用生命化学専攻 博士後期課程 1年 大沼 広宜さん

応用生命化学専攻 博士後期課程 1年 大沼 広宜さんきのこ類における子実体形成のメカニズムについて興味があり、本研究科に進学しました。「マツタケの人工栽培化」をテーマに、生体中での酵素やタンパクなどの機能解析や遺伝子発現解析を行い、マツタケに有効な生育条件や栄養を探っています。今後、マツタケなど高級きのこ類の人工栽培技術を確立したいと思っています。卒業後は培った知識や技術を生かして、食品業界などでの研究職や大学機関での教員をめざしています。

近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー