農学部 教養・基礎教育部門

確かな教育は、基礎となる土台があってこそ。
農学部は語学教育にも力を入れています。

英語教育のエキスパート5人が、基礎力はもちろん、
ニーズに合わせてきめ細やかにサポート

農学部のカリキュラムには、英語、English Communication、Academic English 、TOEIC(1~4レベル)、Writing、English Culture Seminarなどといった科目を用意して、学生のニーズに応じた幅広い学習支援を実施しています。

英語に必要な4技能(読む、書く、聞く、話す)の基礎力の育成はもちろんですが、それに加えて、異文化や専門分野に関する記事についてディスカッション・ディベート・プレゼンテーションする能力を身につける、TOEIC受験に必要な語彙やlistening・readingの能力を強化してスコアアップにつなげるなど、きめ細やかな英語教育を実施しています。

2010年4月からは、英語教育のエキスパートの5人の先生が常勤しており、学生の皆さんにより身近に英語を感じてもらえるよう、また英語のスキルをアップしてもらえるようサポートしています。

また、農学部では入学後の学習意欲を高めるために、TOEICの成績優秀者に対して特待生制度も設けております(詳しくは奨学金・特待生制度のページでご確認下さい)。専門知識だけでなく、英語力も身につけて社会に羽ばたけるようお手伝いいたします。

総合的な英語力の土台を作る【1年次】

読む、書く、聞く、話す英語を丁寧に週3回の授業で学習します。農学部ならではの素材で、将来の専門的な授業に備え、楽しみながら知識の修得をめざします。

一人ひとりのニーズに対応【2年次】

1年で学習した内容をさらに進めて、学術的な英語やメディア英語を学ぶ機会や、あるいは英語ネイティブ教員による高度な会話トレーニングなどを行うことによって、TOEIC®高得点取得や、大学院への進学、留学など、様々な学生のニーズに対応するための幅広い選択授業で、英語力を伸ばします。

英語で発信することをめざす【3・4年次】

3年次以降には、相手に英語で情報を伝えることに重点をおいた選択授業を多く設定。学術プレゼンテーションをはじめ、TOEIC®600点以上取得や、ビジネスプレゼンテーション、文化的なディベートなど、目的に合わせた英語発信能力の向上をめざします。

The fun of learning English英語を学ぶ楽しさ

Through English you can travel and communicate with friends from around the world. You can learn using many fun activities such as English songs, movies and games.

英語を使えば海外旅行や世界中の友人たちとやりとりできるようになります。洋楽や映画、ゲームといった活動を通して英語を楽しく学ぶことができます。

農学部 教養・基礎教育部門の教員紹介
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー