教員インタビュー

農業生産科学科 作物学研究室
飯嶋 盛雄 教授(農学博士)※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

洪水や干ばつが繰り返されるような環境に
対応できる新しい農法を提案する

洪水と干ばつが頻発するような不安定な水環境でも、あるがままの自然を保全しながら、一定の穀物生産が常に得られるような新しい農法の考案が研究テーマです。
この新農法の導入過程における社会・自然環境インパクトを把握することにより、食糧資源の再生産のために必要な水管理・利用技法をシステム化し、アフリカなどの半乾燥地の持続的な水資源利用農法を提案することを目的としています。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

フィールドで研究する楽しさを多くの学生諸君に体験してもらいたいと思います。そのため、他大学の先生や大学院生の人達と研究協力しながら、作物栽培試験を体験してもらうことを目指しております。
また実際の農家の圃場で栽培試験を行っておりますので、現場の苦労をいろいろ体験してもらえればとも思います。

どんな研究室ですか?

ときには田んぼや畑で泥まみれになりながら、ときには夏の炎天下での草むしりをしながら、ときにはラボで窒素や炭素分析も行う部屋です。蟻さんのように夏の間にせっせと卒論研究を実施して、冬にはラボで冬眠するというイメ-ジでしょうか?

最後にメッセージをお願いします

若者の柔軟な発想で、新しい栽培体系や新しい技術を考えていければと思います。

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
名古屋大学 農学部農学科
名古屋大学大学院 農学研究科
職歴
(主要な職歴)
職務内容
青年海外協力隊(フィージ-国、農業改良普及員、稲作)
日本学術振興会特別研究員PD(名古屋大学農学部)
名古屋大学農学部助手
スコットランド作物研究所客員研究員
名古屋大学大学院生命農学研究科助教授
近畿大学農学部教授
担当講義科目 環境保全栽培学、作物資源論、食用作物学
現在の専門分野 作物学
作物栽培学
現在の研究課題 ダイズの根粒着生制御
ナミビア国への環境保全型稲作の導入研究
コーヒ-粕の有効利用
受賞歴 受賞内容
第3回(平成18年度)日本作物学会論文賞
主な研究活動 活動内容
作物根が放出する境界細胞複合体に関する研究
作物の水吸収経路と水循環に関する研究
インドネシアスマトラ島におけるキャッサバとコ-ヒ-栽培技術の改良
作物の環境ストレス耐性に関する研究
作物の根系発達に関する研究
所属学会
(主要な所属学会)
日本作物学会、熱帯農業学会、根研究会
所属研究室HP
自己紹介HP
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー