教員インタビュー

農業生産科学科 作物学研究室
廣岡 義博 助教(農学博士)※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

どんな研究をされていますか?

アジアやアフリカの農家を対象に研究しており、そのための基礎研究も大学圃場で行っています。これらの地域では、収量の増加が求められていますが、栽培されている作物の生育情報が不足していることにより、生育環境や栽培技術の改善が進んでいない現状があります。そこで、私の研究では衛星画像をはじめとする様々なリモートセンシング技術を用いることで、これらの情報を簡易的に収集する手法の開発を行っています。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

ほとんどの人にとって自由な時間を最も持てるのが大学時代だと思います。とはいっても、その時間をどれだけいかせるかは自分のやる気次第です。何かを学ぶというよりは全ての能力を高めるという気概を持って過ごしてほしいと思います。忙しいからといって何かを諦めるのではなく、様々なことにチャレンジして、思う存分自分の能力を解放してください。

最後にメッセージをお願いします

実際にフィールドで作物の栽培試験を行い、研究をまとめていくことは非常に面倒くさいししんどいことだと思います。しかし、だからこそやりがいがあり、きっと将来の財産になると思います。大学時代の集大成を作物研で最高の形で締めくくりましょう!最大限のサポートを約束します!!

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
京都大学 農学部・資源生物科学科
京都大学大学院 農学研究科・農学専攻博士前期課程
京都大学大学院 農学研究科・農学専攻博士後期課程
職歴
(主要な職歴)
職務内容
日本学術振興会 特別研究員DC1
現在の専門分野 作物学
現在の研究課題 リモートセンシングによる作物の生育情報収集技術の開発
主な研究活動 活動内容
・非破壊計測を利用したイネの生育特性の定量化技術の開発
・東南アジア農家圃場におけるイネの栽培環境・管理方法の定量化
・衛星画像を利用した作物の生育診断技術の開発
これらを通して、作物の生育情報を簡易的かつ広域に定量化するための技術の開発を行っています。
所属学会
(主要な所属学会)
作物学会
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー