教員インタビュー

水産学科 水族環境学研究室
江口 充 教授(農学博士)※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

クロマグロ養殖とサンゴとの共存・共栄をめざす

透明度が高く、貧栄養な海域でのみ育成するサンゴにとって、海への有機負荷(ストレス)が大きい養殖イケスは「敵」となります。しかし、本学のクロマグロ養殖イケスを設置した奄美大島花天湾では、そのイケスロープに大量の美しいサンゴが育っています。このクロマグロ養殖とサンゴの共存・共栄を可能にしている生態系のメカニズムを、水質や海洋微生物、海水の流れなどの観点から解析しています。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

的確な状況判断ができ、直面する問題の解決に果敢に挑むことのできる、タフな「人間力」を身につけて欲しいと考えています。そのために、卒業研究や演習、実験などを通して、対象とする事象の問題点の抽出、検証、解決策の提案、といった研究の基本トレーニングを繰り返します。テーマを一方的に与えるのではなく、自分で考えて、学生自身が解決策を考え出せるように、コーチ役に徹しています。

どんな研究室ですか?

ジャンケンが好きな研究室です。ケーキなど何かお菓子を食べるときは必ず、教員、研究員、大学院生、卒研生(4年生)全員でジャンケン大会をします。誰かの誕生日があると必ずケーキを買ってきてお祝いをしますが、わざと不均等にケーキを切り分けて、祝ってもらう当人も含め、皆でジャンケンをします(ジャンケンシーンはいつも全員真剣なのでありません。写真は大学キャンパス内での研究室の春の花見会です)。

最後にメッセージをお願いします

水族環境学研究室は、明るく、楽しく、元気に、そして、しっかりと研究できる研究室です。研究の性格上、野外調査に出ることも多いのですが、室内実験系が中心の卒業研究テーマもあります。船が苦手だったり、野外調査が好きではないといったインドア派でもOKです。

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
京都大学 農学部水産学科卒業
京都大学大学院 農学研究科水産学専攻修了
職歴
(主要な職歴)
職務内容
近畿大学農学部水産学科 助手
近畿大学農学部水産学科 講師
ニューサウスウェールズ大学(豪州)微生物学部 研究員
近畿大学農学部水産学科 助教授
近畿大学農学部水産学科・同大学大学院農学研究科 教授・農学研究科長
マレーシア国立サバ大学ボルネオ海洋研究所 客員教授
担当講義科目 水圏微生物学・海洋生態系科学・水質学・水族環境学
現在の専門分野 水族環境学・ 水圏微生物生態学
現在の研究課題 魚類陸上飼育水のバイオコントロール
魚類養殖場水域や干潟水域の物質循環と環境保全
天然水域における病原性微生物の生態と感染環
現在の研究課題 魚類陸上飼育水のバイオコントロール:陸上飼育水槽には仔稚魚を頂点とした生態系が形成されている(飼育水生態系)。この飼育水中における仔稚魚の初期減耗を低減するため、飼育水生態系の水質形成に関わる微生物群の生命活動を解析し、飼育水を健全な状態にコントロールする。(文科省科学研究費補助金平成25~27年、採択)
魚類養殖場水域や干潟水域の物質循環と環境保全:水域の物質循環過程・エネルギー流をしらべ、自浄能力を評価し、環境容量を見積もる。
完全養殖クロマグロとサンゴの共存・共栄メカニズムの解明(文部科学省科学研究費助成金 平成23・24年採択)
所属学会
(主要な所属学会)
日本水産学科・日本微生物生態学会・日本海洋学会・日本陸水学会・国際微生物生態学会など。学術学会ではないが、日本野鳥の会
クラブ・同好会 農学部サイクリング部 部長
所属研究室HP
自己紹介HP
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー