教員紹介Staff introduction

水産研究所,水産学科,バイオサイエンス学科
水産研究所大島実験場・富山実験場
澤田 好史 教授(農学博士)※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

どんな研究をされていますか?

3つの内容の研究です。1.クロマグロの種苗生産と品種改良:資源減少が危惧されるクロマグロを人工ふ化し,成魚に育て,さらに産卵をさせる養殖技術の開発。世代を交代させて飼育し,速く育つ,病気に強い,より良い「トロ」がとれるマグロの品種改良に取り組んでいます。2.養殖魚・天然魚の奇形の防止:奇形の原因を解明し,奇形を発生のメカニズムを明らかにして,奇形の発生を防ぎます。3.トラフグのオス化:白子(精巣)が美味で珍重されるトラフグのオスの割合を安全な方法で高める技術の開発です。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

私たちの実験場は,養殖魚貝の卵から親までの飼育を産業的規模で行い,研究開発を行っています。今,水産資源は減少し,将来の食糧不足が心配されており,養殖によりこれを補うことの重要性が増しつつあります。学生には,実際に魚貝類を飼育できる環境で,育てる技術を身につけ将来食糧産業を背負える人材となって貰うことを目標として,そのための世界最先端の研究に一緒に取り組んで頂いています。

どんな研究室ですか?

大島実験場は和歌山県串本町にあり,世界最先端のクロマグロ研究の舞台です。ここで世界で初めてクロマグロの完全養殖が2002年に達成され,その後も第3世代クロマグロを誕生させるなど研究が続いています。学生は,大学院生,学部学生(4年生)も入れて合計6-7名の比較的少人数の研究室ですが,研究成果は世界を常にリードしています。
富山実験場は富山県射水市にあり,海洋深層水を利用した陸上養殖の研究を行っています。トラフグのオス化技術もここで開発されました。

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
京都大学 農学部水産学科1982年卒業
京都大学 大学院農学研究科1991年修了。農学博士。
職歴
(主要な職歴)
職務内容
1991-1993年 京都大学農学部研修員
1994年 近畿大学水産研究所研究員
1995年    同     助手
1999年    同     講師
2002年    同     助教授
2008年    同     教授
担当講義科目 生体分子解析学,水産増殖学実習,専門演習など
現在の専門分野 養殖魚の種苗生産技術開発と品種改良
現在の研究課題 ・クロマグロの種苗生産と品種改良
・養殖魚・天然魚の奇形防止
・トラフグの安全なオス化技術開発
受賞歴 受賞内容
平成13年度日本ジャーナリストの会年度賞,平成16年度農林水産大臣賞民間部門農林水産研究開発功績者表彰,平成17年度日本水産増殖学会大会最優秀ポスター賞,平成18年度日本増殖学会大会ベスト発表賞
主な研究活動 活動内容
1.クロマグロの種苗生産と品種改良:資源減少が危惧されるクロマグロを人工ふ化し,成魚に育て,さらに産卵をさせる養殖技術の開発。世代を引き継いで飼育し,速く育つ,病気に強い,より良い「トロ」がとれるマグロの品種改良に分子生物学的手法を取り入れて取り組んでいる。
2.養殖魚・天然魚の奇形の防止:奇形の原因を解明し,奇形を発生の分子生物学的メカニズムを明らかにして,奇形の発生を防ぐ。
3.トラフグのオス化:白子(精巣)が美味で珍重されるトラフグのオスの割合を安全な方法で高める技術の開発を行うとともに,オス化するメカニズムの解明に取り組んでいる。
所属学会
(主要な所属学会)
日本水産学会,日本水産増殖学会,世界養殖学会,ヨーロッパ養殖学会
所属研究室HP 水産研究所ホームページ URL: http://www.flku.jp/
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511