教員インタビュー

応用生命化学科 生物制御化学研究室
松田 一彦 教授(農学博士)※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

除虫菊が生成する天然殺虫剤ピレトリンの合成過程を調べる

除虫菊は昆虫から身を守るために天然殺虫剤ピレトリンを作ります。私たちはピレトリンの合成にかかわる酵素遺伝子を除虫菊から単離し、酵素がどのような化学反応によって、またどのような基室の構造を認識しながらピレトリンを合成するのかを調べています。
ピレトリンは病気を媒介する蚊の防除に有効であり、自然環境にも優しい有機農薬なので、その増産方法の創出も研究テーマの1つです。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

目の前に現れる大きな発見を捕まえるか,逃すかは,それを待ち受ける心と基礎学力次第です。物理,化学,生物学の基礎に加えて,語学をしっかり学んで下さい。その上に,細分化された学問があります。学生には,面白いトピックスを紹介して興味を持たせながら,その背景に存在する基礎を教えています。

どんな研究室ですか?

学生,大学院生は自分の研究が世界のレベルでどれくらいの位置にあるのか認識し,できる限り大きな目標を持ちながら研究に励んでいます。でも研究だけではだめで,OnとOffを上手に切り替え,遊ぶときには思いっきり遊ぶ研究室です。

最後にメッセージをお願いします

まわりに流されることなく自分をしっかり持って,夢に突き進もう!大志を抱いて日々研鑽を積んでいると,夢はかないます。

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
京都大学 農学部・農芸化学科卒業
京都大学 大学院農学研究科・農芸化学専攻・修士課程修了
職歴
(主要な職歴)
職務内容
近畿大学助手
近畿大学講師
近畿大学助教授
近畿大学教授
担当講義科目 生命有機化学、有機化学,有機反応化学,農薬化学,専門英語I,IV
現在の専門分野 アグリ・ケミカルバイオロジー、農薬科学
現在の研究課題 多重生態相互作用のケミカルバイオロジー
神経活性分子の活性発現機構と生合成の研究
昆虫制御剤の選択性と抵抗性の分子機構
受賞歴 受賞内容
日本農薬学会業績賞(2009)
日本農芸化学会奨励賞(2003)
日本農薬学会奨励賞(1997)
主な研究活動 活動内容
"VOC-mediated communications in Chrysanthemum cinerariaefolium", Studies on ecological interaction networks that promote biodiversity- >From gene to ecosystem-, Neuchatel, Switzerland, Sep. 9-10, 2011. "Viewing natural pyrethrins from a modern angle”, International Pyrethrum Symposium, Hotel Grandchancellor Launceston, Launceston, Tasmania, Australia, Nov. 2-4, 2011.
ピレトリンとボラタイルセンシングによる植物恒常性の維持、
日本農芸化学会大会シンポジウム「ケミカルセンシングによる生命恒常性維持のフロンティア —生物種を超えたシグナルの発生から個体間の交信に至る原理—」、
2012年3月25日、京都女子大
所属学会
(主要な所属学会)
日本農芸化学会,日本農薬学会,日本応用動物昆虫学会,American Chemical Society, Society of Chemical Industry (UK)
所属研究室HP
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー