教員インタビュー

応用生命化学科 生物環境学研究室
山下 光明 講師※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

天然有機化合物類のより良い製造法を追究する

私たちは生活の中で医薬品、農薬、プラスチックなど数多くの有機化合物を利用しています。ただ、今の化合物の製造法が最良というわけではなく、より安価で簡単な出発物質から短工程での製造が求められています。
そこで私たちは、天然物(生物や植物)由来の有用な有機化合物類を効率よく作る方法を追究するほか、天然物の分子レベルでの機能に着目した有用分子の開発研究にも取り組んでいます。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

何か一つのことに打ち込んで何かを成し遂げた経験をしてほしいと思います。
そういった経験が、社会に出て行ってから役に立つものと信じています。研究室はそのための最高の実践場所であると思います。

学生自身が良く考えて、良く調べて、良く実験して、教員や他の学生達と議論をして、課題を克服していってほしいです。そのための研究環境づくりを大切にしていきたいと考えています。勉強会や報告会、それ以外の時間でも教員と学生との議論の時間を出来る限り提供していきたいと思います。

最後にメッセージをお願いします

やる気に満ち溢れた学生達との出会いを楽しみにしています。

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
名古屋市立大学 薬学部薬学科
京都大学大学院 薬学研究科 修士課程創薬科学専攻
京都大学大学院 薬学研究科 博士後期課程創薬科学専攻
職歴
(主要な職歴)
職務内容
高崎健康福祉大学薬学部薬学科助手
高崎健康福祉大学薬学部薬学科助教
担当講義科目 有機機器分析学、専門英語Ⅰ、専門英語Ⅳ、応用生命化学実験Ⅳ
現在の専門分野 有機合成化学
現在の研究課題 連続反応を用いた有用骨格構築法の開発、天然有機化合物をモチーフにした機能性分子の開発
主な研究活動 活動内容
(学会活動)
AIMECS 11(東京、平成23年12月)、日本薬学会第130年会(岡山、平成22年3月)、日本薬学会第129年会(京都、平成21年3月)、第27回 メディシナルケミストリーシンポジウム(大阪、平成20年11月)
(学術論文)
Chem. Pharm. Bull., 2011, 59(10), 1289. Tetrahedron Letters, 2011, 52, 4665.
所属学会
(主要な所属学会)
日本化学会、日本薬学会、有機合成化学協会
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー