教員インタビュー

応用生命化学科 森林生物化学研究室
梅澤 究 助教(農学博士)※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

きのこによる樹木の分解メカニズムを解明し、森林資源の高度利用を実現する

きのこによる樹木の分解メカニズムを利用することで、樹木を効率的に低分子化し、バイオ燃料や機能性糖質に変換するシステムを構築できると考えています。これを実現するには、きのこによる樹木の分解メカニズムの詳細な理解が不可欠ですが、現在までのところその分解メカニズムの全貌の解明には至っていません。そこで私はきのこによる樹木の分解メカニズムを解明することをめざし、樹木の分解への関与が予想される酵素の酵素学的機能解析を行っています。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

 学生には研究を通じて、実社会で通用する研究技能を身につけるとともに、一連の研究のプロセスを経験することで論理的思考力を養い、また、柔軟な発想で自ら課題に取り組む主体性を身につけて欲しいと考えています。私の研究室では生命科学の基礎的な実験を幅広く経験してもらい、また、学生自らに実験計画を考えて実行してもらうことで、これらの能力を身につけてもらえるよう心がけています。

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
東京農工大学 農学部環境資源科学科
東京農工大学 農学府環境資源物質科学専攻
東京農工大学 連合農学研究院環境資源共生科学専攻
職歴
(主要な職歴)
職務内容
日本学術振興会特別研究員(DC1)
担当講義科目 酵素化学,応用生命化学実験,専門英語
現在の専門分野 木材腐朽菌学
現在の研究課題 褐色腐朽菌による木材分解機構の解明
主な研究活動 活動内容
A Novel Pyrroloquinoline Quinone-Dependent 2-keto-D-Glucose Dehydrogenase from Pseudomonas aureofaciens, Journal of Bacteriology, 197(8), 1322-1329, 2015. PLoS One, 9(8), e104851, 2014.
Discovery of a Eukaryotic Pyrroloquinoline Quinone-Dependent Oxidoreductase Belonging to a New Auxiliary Activity Family in the Databese of Carbohydrate-Active Enzymes, PLoS One, 9(8), e104851, 2014.
所属学会
(主要な所属学会)
日本木材学会 
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー