教員インタビュー

食品栄養学科 食品化学研究室
上田 茂登子 講師(農学博士)※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

植物未利用資源から、新規食品の開発に取り組む

過食などによる血糖値の上昇を下げる成分を、食品として利用されていない植物部位から見つけ出そうとしています。
本来捨てられているものを利用することで資源の有効利用につながるほか、食品から摂取することで副作用やリバウンド現象が認められないという長所も。この食品の生体調節機能の知識は、管理栄養士としても必須のものとなります。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

自分の考えを相手の立場になって伝えられ、全員で協力しあえる雰囲気がある大学生活を送って欲しいと思っています。そして、仲間作りを大切にして下さい。同じフィールドで生涯を通して付き合え、刺激しあえる‘友’を見つけましょう。実行するにあたりそれぞれの役割分担を決めるよう努めています。

どんな研究室ですか?

みんな助け合って仲良く卒業研究をしています。

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
近畿大学 農学部・食品栄養学科
職歴
(主要な職歴)
職務内容
食品栄養学科実験助手
食品栄養学科助手
食品栄養学科講師
担当講義科目 分析化学、食品機能学
現在の専門分野 食品科学、食品機能学
現在の研究課題 果実および野菜類の機能性成分の検索
主な研究活動 活動内容
国内産熱帯性果実の成熟および果実部位に伴う抗酸化活性、チロシナーゼ活性および血糖値抑制能の変化を検討しています。
所属学会
(主要な所属学会)
日本食品科学工学会、園芸学会
自己紹介HP
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー