教員インタビュー

食品栄養学科 栄養機能学研究室
米谷 俊 教授(農学博士)※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

摂食経験のある食品などを用いて、生活習慣病の予防・改善をめざす

「食を通して人々の健康の維持、増進に貢献する」ことをめざし、これまで摂食経験のあるものを用いて、生活習慣病を予防・改善する研究をしています。具体的には、病態モデル動物を用いて、食品や食品成分、ハーブ類、漢方薬などがどのように高血圧や糖尿病を抑制するのか、また、胎児期の栄養環境が出生後の生活習慣病発症に及ぼす影響についても研究しています。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

自ら考え、積極的に行動できるようになってほしいですね。大学生活は、社会に出る第一歩です。
一人前の大人として、自らの行動に責任を持つことが要求されます。勉強のできる人、仕事のできる人は、皆、一生懸命考え、積極的に行動する努力をしています。

そのため、栄養機能学研究室では、卒業研究のテーマが決まったら、具体的にどのようにこの研究を進めていくのか、教員からの指示で動くのではなく、学生自身が周辺研究を調査し(論文をきちんと読んで)、教員と議論しながら、自ら卒業研究を進めるようにしています。

どんな研究室ですか?

厳しいけれど、和気あいあいとした研究室です。
大学院の学生は、4年生の指導をしながら、自分の研究を進めており、4年生は、卒業研究を進めながら、管理栄養士受験の準備(試験勉強や学外実習など)あるいは大学院入試の準備など、時間がいくらあっても足りません。

時間の使い方を考え、計画的に行動しないと、二兎を追って一兎も得られない、ということになります。教員は、助言やサポートをしていますが、自主的な行動が基本なので、厳しいです。

その中で、研究面ではお互いに協力し合い、研究室全体でのレクリエーションや手作りのお菓子を囲んでの談笑など、楽しく和気あいあいと研究生活をエンジョイしています。

最後にメッセージをお願いします

食品栄養学科で研究対象とする「食と栄養」は、私たちの豊かで健全な生活に不可欠なものですが、大変身近なものであるため、膨大な情報が氾濫し、一般の人々を混乱させる場合も多々あります。
優れた研究成果を出したり、管理栄養士として親身な栄養指導したりすることに加えて、科学的な情報を判りやすく正確に伝え、人々の健康に貢献することも、本学科で学んだ人たちの重要な役割と考えます。

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
京都大学 農学部食品工学科卒業
京都大学 大学院農学研究科(食品工学専攻)修士課程修了
職歴
(主要な職歴)
職務内容
江崎グリコ(株)生物化学研究所 研究員
江崎グリコ(株)中央研究所 所長
江崎グリコ(株)健康科学研究所 所長
江崎グリコ(株)研究本部 技術参与
担当講義科目 基礎栄養学Ⅰ、基礎栄養学Ⅱ、代謝生化学
現在の専門分野 食品機能学
現在の研究課題 「食を通じて人々の健康の維持、増進に貢献する」ことを目指し、食品および食品成分を用いて、生活習慣病を予防したり、改善する研究を進めています。
1.胎生期や乳児期の栄養が成長後の健康(生活習慣病発症リスク)に及ぼす影響
2.食品や食品成分が生活習慣病(特に高血圧、糖代謝異常)に及ぼす影響
3.運動が糖代謝異常の改善に及ぼす影響
4.エラスチンなどのペプチドが血管機能に及ぼす影響
受賞歴 受賞内容
日本生物工学会 論文賞(1997年)
日本缶詰協会 技術賞(2000年)
日本食品科学工学会 技術賞(2004年)
主な研究活動 活動内容
栄養機能学研究室で長年研究に用いている脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット(SHRSPラット)は、高血圧とともに糖代謝異常も発症します。このラットを用いて、食品や食品成分から有用物質を探索し、その生理機能を解析しています。日本では高血圧や糖尿病に罹患する人が急増していますので、本研究室の成果がこのような疾病の予防や改善に繋がると考えています。
また、学会発表や論文投稿に加えて、日本農芸化学会 和文誌編集委員会委員、日本食品科学工学会 企画委員会委員、内閣府 産学官連携推進会議 表彰選考委員、大阪府地方独立行政法人 評価委員会委員などの学外活動も行っています。
所属学会
(主要な所属学会)
日本農芸化学会、日本食品科学工学会、日本栄養・食糧学会
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー