教員インタビュー

食品栄養学科 公衆栄養学研究室
伊藤 龍生 教授※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

どんな研究をされていますか?

現在、機能食品摂取による脳外傷、脳梗塞、アルツハイマー病に対する神経再生治療の臨床応用を目指して研究しています。さらに近年では機能食品摂取が妊娠高血圧症や妊娠糖尿病胎児の神経幹細胞の神経分化への影響も調べています。このように我々は常に臨床応用を視野に入れて研究室の学生一丸となり研究を進めています。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

大学では自分は何をすべきか目的を持って進んで下さい。そのためには勉強だけでなく、よく遊んでアルバイトして今しか過ごせない大事な時間を謳歌して下さい。そして自分を見つめ直して足下から固めて下さい。そうすれば今、自分がすべきことが解ってくると思います。常に学生との距離を近くし、何時でも相談できるように心がけています。

最後にメッセージをお願いします

私は常にみなさんの自主性を重んじた教育を心がけています。高校までは与えられる教育を受けてきており戸惑うかも知れませんが個々に合った自主性を芽生えるようにしていきたいと考えています。個々が自主性を持つことにより今、何をしなくてはならないかを考えられるようになればこれからの人生楽しく生活が出来ると思っています。

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
近畿大学大学院 医学研究科 
職歴
(主要な職歴)
職務内容
近畿大学医学部助教
近畿大学医学部講師
近畿大学農学部教授
担当講義科目 病理学、食品衛生、健康管理概論、大学院特別講義
現在の研究課題 神経病理学、神経化学、神経再生医療
主な研究活動 活動内容
1. 機能食品を使った脳外傷、脳梗塞、アルツハイマー型認知症、パーキンソン病などの神経疾患を治療するための神経再生治療研究
2. 機能食品摂取による妊娠高血圧及び妊娠糖尿病胎児への神経分化への影響
受賞歴 受賞内容
近畿大学医学会奨励賞、近畿大学医学会賞、花王健康科学研究会賞、The Faculty of 1000 medicine選出
主な研究活動 活動内容
1.機能食品の神経再生への効果
2.食事の違いによる神経細胞死の抑制効果
3.食事や機能食品摂取による抗認知症効果の検討
4.機能食品の妊娠高血圧胎児への神経分化への影響
5.機能食品の妊娠糖尿病胎児への神経分化への影響
所属学会
(主要な所属学会)
日本病理学会(評議員)、日本神経化学会、日本栄養・食糧学会、日本薬学会、高血圧関連疾患モデル学会、BioMed Research International (Editor)
所属研究室HP http://www.eonet.ne.jp/~eiyouhomepage/index.html
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー