教員インタビュー

環境管理学科 保全生態学研究室
北川 忠生 准教授(学術博士)※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

日本の固有種や生態系を科学的な視点から守る

現在、絶滅の危機に瀕している日本固有の淡水魚「ニッポンバラタナゴ」の奈良盆地の個体群の保護に取り組んでいます。どうすれば守ることができるのかを、生態学的・社会的な調査・研究成果に基づく科学的な視点から検討し、実践しています。
また、ブラックバスやブルーギルをはじめとする、日本の生態系の崩壊を引き起こしている外来種の調査、駆除などにも力を入れています。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

どんなことでもいいので(出来れば勉強や研究面で)、自分で考えて行動し、問題を解決しながらやり遂げる能力を身に付けてほしいと思っています。そのために、講義では、ノートを丸暗記するような内容ではなく一緒に考えることが出来る内容を重視し、卒業研究などの研究指導では、最初に綿密に議論して、研究と就職活動、進学等のバランスを考慮した計画作りをしたうえで、自主性に任せた活動をさせています。

どんな研究室ですか?

とにかく研究意欲が高い研究室です。かといって、ピリピリとしているわけではなく、学生室は他研究室の学生や後輩達もふくめてたまり場になっており、学生同士がいろいろなことを話し合っているようです。OB、OGもよく遊びに来てくれます。研究室の運営を、大学院生が主体的に行ってくれており、教員は本当に助かっています。

最後にメッセージをお願いします

一時の楽しさも重要ですが、後で振り返ってこの大学を出てよかった(役に立った)と思ってもらえるような教育をしたいと思っています。私自身もみんなに興味を持ってもらえるような研究を続けていくことで、何かのきっかけになればと思います。

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
三重大学 生物資源学部生物資源学科
三重大学 大学院生物資源学研究科博士前期課程
三重大学 大学院生物資源学研究科博士後期課程
職歴
(主要な職歴)
職務内容
国立遺伝学研究所 博士研究員
東京大学大学院理学研究科 博士研究員
担当講義科目 保全遺伝学
現在の専門分野 系統地理学、保全遺伝学
現在の研究課題 日本の淡水魚の進化の解明(特にドジョウの仲間の種分化、分布形成、雑種形成、倍数体形成)、希少淡水魚の保護、外来種オオクチバスの遺伝学的調査
受賞歴 受賞内容
「2006年度 日本魚類学会論文賞」受賞
主な研究活動 活動内容
・海外から輸入されている様々なドジョウが野生化している実態について調査しています。
・我々が奈良公園で発見した絶滅危惧種のニッポンバラタナゴの保護活動を、行政、教育機関と合同で進めています。
・大型化する琵琶湖のオオクチバスについて、大型亜種のフロリダバスが導入された影響を調べています。
・ペットショップなどで売られているヒメダカが、野生に放され引き起こされる遺伝子汚染の調査研究を進めています。
所属学会
(主要な所属学会)
日本魚類学会、日本水産学会
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー