教員インタビュー

環境管理学科 国際開発・環境研究室
松野 裕 教授(農業工学博士)※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

農地排水からの汚濁を軽減するための方法を追究

農業にかかわる水環境問題の研究として、農地排水からの汚濁を軽減する有効な方法を探っています。琵琶湖の内湖周辺を対象に、人工的に作られた湿地の水質浄化機能の評価や、農業排水を再利用する「循環かんがい」を実施している農地からの汚濁物質の排出量をモニタリング。現地調査も定期的に行い、用水路、排水路の流量を測定するとともに、水質分析のために採水などを行います。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

在学中に,社会の第一線で活躍するための知識・教養を身につけるだけではなく、直面する課題を様々な角度から検討し、自ら創意工夫して解決する能力と実行力を養うことを期待しています。 地球規模の環境問題や農業・貧困問題などに対しても、他人事とは捉えず、それらの問題解決に何らかの形で積極的に関与してほしいと思います。また,異なる文化・風習・背景の人達とお互いを尊重しあい、共同で業務を遂行していくための,コミュニケーション能力も身につけてほしいです。

どんな研究室ですか?

学生たちが主体的に活動する研究室です。教員は,学生たちのやりたいこと,学びたいことについて後方支援します。卒論テーマは,学生が自分で考えることにより,まず「問題発見力」を養ってもらいます。

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
ワシントン州立大学 農学部 農業工学専攻(B.S.)
ワシントン州立大学 大学院 農業工学専攻(M.S.)
アイダホ大学 大学院 農業工学(P.h.D.)
職歴
(主要な職歴)
職務内容
国際水管理研究所 研究員
担当講義科目 水環境工学、灌漑・排水
現在の専門分野 途上国の灌漑整備,統合的水管理,物質循環
現在の研究課題 途上国の灌漑整備,統合的水管理,物質循環
受賞歴 受賞内容
International Society of Paddy and Water Environment Engineering 論文賞(2004)
主な研究活動 活動内容
・松野 裕,堀野治彦(2009):水稲二期作地帯における圃場整備レベルが乾期米収量に与える影響-ミャンマー南部低平地の稲作を例として-,開発学研究,19(2),pp.15-23.
・Matsuno,Y.(講演): Introduction of Participatory Irrigation Management (PIM)-Concept and elements-, Seminar on Development of Participatory Irrigation Management in Irrigation Projects, MOAI Myanmar, Bago, Myanmar, 2008年8月4日
・Matsuno, Y., N. Hatcho, S. Shindo(2007): Water transfer from agriculture to urban domestic users: a case study of the Tone River Basin, Japan, Paddy and Water Environment , 5(4), pp. 239-246.
所属学会
(主要な所属学会)
農業農村工学会,International Society of Paddy and Water Environment Engineering(PAWEES),日本国際地域開発学界,その他
所属研究室HP
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー