教員インタビュー

環境管理学科 環境化学研究室
森 美穂 准教授(工学博士)※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

地球環境の保全など、微生物の有効利用を考える

微生物には、食品・医薬品・エネルギー生産や環境浄化に関与する、人や環境に良い働きをするものと、感染症や食中毒などの悪い働きをするものがいます。
それらの良い働きをする微生物の有効利用を考えるとともに、悪い働きをする微生物の働きを抑制することを目的に研究を展開。例えば、バイオレメディエーションの観点から、環境汚染物質に微生物を応用する研究などに取り組んでいます。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

新しい人との出会い、学問との出会い、本との出会い…。常に一期一会を大切にして充実した学生生活を送って欲しいです。もちろん自分の研究テーマとの出会いも大事にして、その研究に没頭して下さい。

最後にメッセージをお願いします

頭を使って考えることは大切ですが、頭を使うだけではなくて、失敗を恐れずにどんどん行動して下さい。

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
関西大学 工学部 生物工学科
関西大学大学院 工学研究科 生物工学専攻
職歴
(主要な職歴)
職務内容
財団法人 地球環境産業技術研究機構 バイオ研究グループ
担当講義科目 環境分析学、環境リスク学、環境微生物学特論
現在の専門分野 環境微生物学、分子生物学
現在の研究課題 1.薬剤の様々な環境における殺菌効果の検証および環境生態系への影響評価
2.微生物を用いたバイオレメディエーション
3.微生物を利用した有用物質生産
受賞歴 受賞内容
日本防菌防黴学会 英文誌論文賞(2013年)
主な研究活動 活動内容
・家畜伝染病防除のための消石灰散布が生態系に及ぼす影響評価
・家庭環境におけるバイオフィルムと黒ずみ形成メカニズムの解明
・ネオニコチノイド系農薬散布による微生物の菌叢変化
・細菌によるビスフェノールA分解の解析
・バイオマス由来混合糖からの有用物質生産
所属学会
(主要な所属学会)
日本生物工学会、日本農芸化学会、防菌防黴学会
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー