教員インタビュー

バイオサイエンス学科 バイオ分子化学研究室
大沼 貴之 准教授(農学博士)※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

酵素を知り、利用する。分子レベルの研究から実用へ

酵素は我々の生活に密接に関わっており、これまでにさまざまな食品用、医療用、工業用酵素が開発され、実際に使用されています。食品の製造・加工、医療現場における病気の検査・診断、遺伝子工学をはじめとするバイオテクノロジーを支える研究、家庭における洗剤から工場排水の処理に至るまで、その応用分野は多岐にわたっています。当研究室では自然界で生物が駆使するあらゆる酵素に目を向け、それらの基礎から応用までを見据えた研究を行っています。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

趣味、仕事、友人など長く付き合っていけそうなものを一つでも多く見つけること。
自分の得意なことを見つけ、最大限それを伸ばす努力をすること。
本を沢山読むこと。
外国に目を向けること。
機会がある度に、学生さんに勧めています。

どんな研究室ですか?

朝から夜遅くまで、研究室は活発に研究活動を行っています。学生と教員が一緒になって、競い合いながら、励ましあいながら、最先端のサイエンスを切り開こうと毎日頑張っています。同様の目的をもつ国内や海外の大学や研究機関との共同研究や人材交流も行っています。

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
名城大学 農学部・農芸化学
名城大学大学院 農学研究科
九州大学大学院 生物資源環境科学研究科・遺伝子資源工学専攻
職歴
(主要な職歴)
職務内容
2002年米国イリノイ大学 獣医学部 博士研究員
2003年米国カリフォルニア大学バークレー校/米国農務省 PGEC 博士研究員
2006年(独)農業生物資源研究所 植物・微生物研究ユニット 特別研究員
2008年近畿大学 農学部バイオサイエンス学科 助教
2012年近畿大学 農学部バイオサイエンス学科 講師
担当講義科目 専門英語I&II,バイオマテリアル実験I&II,物理学実験,専門演習I&II,
酵素蛋白質工学,基礎ゼミ
現在の専門分野 生化学,タンパク質工学
現在の研究課題 糖質加水分解酵素の構造機能相関,構造生物学
主な研究活動 活動内容
26th ICS(国際炭水化物シンポジウム)(マドリード)2012
6th KIFEE (京都国際環境・エネルギーフォーラム)(トロンヘイム)2012
9th CBM9(国際炭水化物生物工学会議)(リスボン)2011
11th EUCHIS(ヨーロッパキチン協会国際会議)(サンクトペテルブルク)2011
ノルウェー生命科学大学訪問研究員2011
日本農芸化学会、日本応用糖質科学会、キチン・キトサンシンポジウム、他
所属学会
(主要な所属学会)
日本農芸化学会,日本応用糖質科学会,日本キチンキトサン学会
所属研究室HP
自己紹介HP
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー