教員インタビュー

バイオサイエンス学科 バイオ分子化学研究室
深溝 慶 教授(農学博士)※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

ヒトの体に必要不可欠な酵素
その機能の“不思議”を追究する

体内に摂取した栄養源を活動エネルギーへと変えていくためには、酵素は絶対的に必要な物質です。体の外ではとても起こりそうにないような反応でも、酵素があればその反応を効率よく進めることができます。
では、なぜそのような機能が酵素に備わっているのでしょうか?私たちの研究室ではそのことを明らかにするために、遺伝子、タンパク質、糖質を対象としたさまざまな化学実験を行っています。

大学生活でどんなことを学んで欲しいですか?
そのためにどんな取り組みや工夫をされていますか?

一つの組織の中で、どのように自分自身を主張し、自己主張しながらも周囲との関係をどのように維持していくのか、そのバランス感覚を学んで欲しいと思います。そのために卒業研究において、個々の学生にテーマを一つずつ与えますが、常に他のテーマとの関連の中でストーリーが完結するように工夫しています。

どんな研究室ですか?

一言でいうと、目的の酵素タンパク質を大腸菌で生産して、その構造と機能を様々な分析手法で調べていく研究室です。酵素タンパク質の構造と機能を調べるだけではなく、そのタンパク質をどのように活用できるかということも考えます。いくつかの海外の研究室と活発に交流を行い、共同研究を行っています。

最後にメッセージをお願いします

タンパク質は遠くからみても面白くはありません。是非、近くでみるようにお勧めします。どのようにでしょうか?今は、多くのタンパク質の構造をコンピュータ画面上に映し出し、立体的に、しかもナノスケールで見ることができます。私の研究室に立ち寄って、一度ご覧になって下さい。きっと、新たな分子の世界を経験することができるでしょう。

先生紹介(略歴)

学歴
(大学~)
学校名 学部・学科・専攻名
九州大学 農学部・農芸化学科 卒業(1977)
九州大学大学院 農学研究科・農芸化学専攻・修士課程修了(1980)
九州大学大学院 農学研究科・農芸化学専攻・博士後期課程修了(1983)
職歴
(主要な職歴)
職務内容
カンザス州立大学生化学科博士研究員(1983-1985)
近畿大学農学部食品栄養学科助手(1985-1989)
近畿大学農学部食品栄養学科講師(1989-1992)
近畿大学農学部食品栄養学科助教授(1992-1999)
近畿大学農学部食品栄養学科教授(1999-2005)
近畿大学農学部バイオサイエンス学科教授(2005- )
担当講義科目 生物化学Ⅰ、生体物理化学、酵素蛋白質工学
現在の専門分野 酵素化学、タンパク質工学、糖質化学、生物物理化学
現在の研究課題 植物キチナーゼの構造と機能
微生物キチナーゼの応用、キチン質バイオマスの有効利用
微生物キトサナーゼの構造と機能
主な研究活動 活動内容
植物キチナーゼの構造と機能を調べている。右の図はオオムギ種子中に存在するキチンを加水分解する酵素であるが、基質が結合する分子表面のいくつかのアミノ酸に注目して、その働きを調べている。同様の仕事をシロイヌナズナ、タバコ、ソテツ、コケなど種々の植物由来のキチナーゼで調べ、比較している。微生物キトサナーゼの構造と機能も同様の方法で調べている。このような研究成果は酵素を用いた様々な物質生産に利用される。
所属学会
(主要な所属学会)
日本農芸化学会、日本応用糖質科学会、日本キチン・キトサン学会、日本生化学会、日本生物物理学会
所属研究室HP
自己紹介HP
近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー