教員インタビュー

バイオサイエンス学科 分子生物学研究室
篠原 美紀 教授※取得学位の表記については、本ページ統一表記となっております。

配偶子形成からゲノム編集まで、DNAの傷から始まる
細胞応答メカニズムを解明し応用する

ゲノムDNAが傷ついた時に発動するDNA損傷応答機構は、細胞を傷から守っているだけではなく、精子や卵子など配偶子を作るときの染色体の正確な分配や遺伝的多様性の創出にも重要です。また、間違った方法で傷だけを治してしまう「間違いだらけの修復」は細胞のがん化を引き起こす一方で、ゲノム編集には必要です。これらの分子メカニズムをヒト細胞とパン酵母を使って解明し、使える技術に変換します。

近畿大学 農学部
〒631-8505 奈良県奈良市中町3327-204
TEL(0742)43-1511
カテゴリ別メニュー